プリセプターしんどいvol.2|2年間新人教育をして学んだこと

新人看護師を先輩看護師がマンツーマンでサポートするプリセプター制度。

先輩看護師(プリセプター)は、担当する新人看護師(プリセプティ)を約1年間、指導・教育します。

RIZ
ナースリズは、看護師3年目と4年目にプリセプターを経験しました

プリセプター1回目の記事はこちらです。

未読の方は、ぜひ読んでくださいね。

List

衝撃!2年連続でプリセプターをやるよう命じられた

プリセプターを1年終えて、3月を迎えた私。

自分も成長できたことを実感していました。

RIZ
今年は1つ下の後輩がプリをやるからそのサポートをしよう

のほほんとしていたわたしに、師長が言いました。

師長
リズさん今年もプリお願いね
RIZ
え・・・!?
師長
あなたしか、いないの。
担当は男の子。よろしくね

師長の殺し文句。「あなたしか、いない」が出てしまった

RIZ
二年連続…。しかも男子ですか。

2年連続(リズの病棟ではかなり異例)でプリセプターを引き受けることになってしまいました。

2回目のプリセプター

2回目のプリセプターを引き受けた頃の私と、プリセプティのBくんを紹介します。

3年目の時よりも、少し余裕が出てきたし仕事が楽しくなってきた4年目の私。

Bくんは、大学の看護学部を優秀な成績で卒業したという新人さんでした。

初対面の挨拶が衝撃的だった

Bくんとの初対面。

RIZ
プリセプターのリズです。よろしくね
あ、はい。
RIZ
・・・・・・

ちょいちょいちょい。

初対面で先輩に「あ、はい」って言います???

RIZ
これは1年間苦戦しそう…。

とにかく周囲を怒らせるプリ太

初対面の印象は決して良くなかったBくん。

案の定、いろんな人を怒らせてしまいます。

先輩や同期を怒らせる

教えてもらうという態度じゃない
返事もろくにできない
偉そうで、なんか腹が立つ

プリセプターの私のところへ、B君への苦情が殺到してしまいます。

RIZ
これは、社会人としてのマナーから教えないといけない…

先生を怒らせる

なんか、自信がありそう(に見える)Bくん。

だからパッと見た感じ、新人看護師には見えない

これ、実はすごく危険なことなんです。

だから、病棟にフラ~っと来た先生につかまって指示を受けちゃう。

新人は指示受けしちゃダメなのに・・・(何もわかってないから)

それなのに指示受けちゃう!!(なんで)

しかもプライド高いから先生に分からないって言えない。(じゃぁ受けるな)

で、指示受けしたのを私に持ってくるけどわかってないから説明できない。

仕方がないから、私が先生に電話で確認する。

当然、先生に怒られる私…。

RIZ
怒る先生に謝ることも度々ありました

患者さんを怒らせる

新人は仕事が遅い。

それは当たり前のこと。

むしろ、新人看護師にスピードは求めていません。

ゆっくりでもいいから確実にやることが大切です。

一生懸命やっていれば、大抵の患者さんは見守ってくれます。

RIZ
患者さんを怒らせてしまうのが一番の問題だ…

プリセプターが辛すぎる

RIZ
去年のプリセプティも個性的だったけど、今年のほうがしんどい


RIZ
Aちゃんは一生懸命で可愛かった。今は違うチームになっちゃったAちゃんが恋しい…。

注意しても、あんまり響いていない様子のBくん。

何か困っていることがあるのかも疑問。

Bくんを、どう攻略する?

RIZ
コミュニケーションがとりにくい新人。どこから指導していけば…?

とにかくこのまま二年目看護師になっちゃうのはマズイ。

学校では優秀だったBくん、絶対になんとかしたい…。

RIZ
とにかく出来ないことを引き受けないで~分からないことは素直に聞いてくれ~

個性的なプリ太だけどなんとか乗り越えた3つのステップ

性格は簡単に変えられないと割り切った

新人看護師は自分の能力不足にショックを感じるという研究結果があります。

(参照:プリセプター制度の現状と課題)

でも、Bくんが能力不足にショックを受けているようには見えません。

そこで、もう割り切ることにしました。

Bくんの先輩看護師や先生への態度が一番気になったけど、ひとまずそこは置いておくことに。

RIZ
短期間で人間性まで変えるなんておこがましいと、割り切ってしまいました

リストを作り「課題の見える化」を意識

失敗しても謎に自信があるBくん。

このままでは医療ミスを起こしてしまうリスクも。

主任に相談して「一人でやっていいこと、やっちゃダメなこと」リストを渡しました。

病棟で使用しているラダー表や新人チェックリストではなく、Bくん専用の細か~いリストを作ったのです。

リストを渡されたBくんは、怪訝そうな顔。

本人が納得していなくても、認められていない業務を一人でやったら注意することを徹底しました。

RIZ
そのうちに、新人看護師の範囲内での業務が板についてきました

相手の気持ちを想像させた

先輩や先生を怒らせても割り切っていましたが、患者さんを怒らせたときには注意をしました。

RIZ
なんで、〇〇さんは怒ったんだと思う?
RIZ
どうしてBくんにはもう担当してほしくないって言われたんだろう?

注意するのではなく、起こった事実から患者さんの気持ちを想像できるような振り返りを繰り返しました。

新人教育は可視化が重要。2年やっても反省点ばかり

だんだん無謀な仕事をしなくなってきたBくん。

仕事ができるようになっていくと、私に寄せられるBくんへのクレームも減っていきました。

スキルを身に着けてしまえば、特有のキャラも鼻につかなくなってきます。

RIZ
Bくんは、何を考えてどう感じているのか。今思うと、そこを深堀してあげられたら良かったかも
RIZ
他人の気持ちを想像するためにロールプレイが有効だったかも

振り返ると、新人教育における自分の至らない部分にたくさん気付きました。

Bくんにばっかり心の中でダメ出ししていたけれど、それは間違いだったなぁと。


次第にBくんは嘘みたいに(失礼)病棟に溶け込み、重症な患者さんを任される看護師に。

RIZ
はじめは尖ってたよねぇ
その話はしないでください…(照)

親しくなることとフォローすることは違う、と割り切ることで2回目のプリセプターはなんとか終わりました。


RIZ
プリセプターしんどい…と思っている方。一人で抱え込みすぎずに割り切れるところは割り切っていきましょう
RIZ
プリセプターと合わないと思っている新人さんも1年間の付き合いです!割り切ってしまいましょう
RIZ
ところで、プリセプターが本当にしんどかったら途中で交替とかできるのかな?
RIZ
最後までお読みいただきありがとうございます
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
List